選手生命を蝕む野球肘を撃退!

リハビリマッサージで肘の痛みを改善

肘に違和感があったらすぐにマッサージやリハビリを行いましょう。投球ホームを改善するだけで野球肘が改善されることもあります。早い段階で、肘の正しいケアをして、投球ホームの改善等することで、一早くマウンドに帰りましょう。

 

そのためにも、違和感があったらすぐに、しっかりとしたケア・対処すべき所を見逃すことのないようプロの診断・治療が必要です。スポーツ医療を専門にしている整形外科や整骨院がお勧めです。野球選手を専門に見ている治療院もあります。

 

リハビリやマッサージを行う理学療法士や柔道整復師は、国家資格を取得した専門家たちですが、医師に専門医としての標榜科があるように、理学療法士や柔道整復師にも専門があります。肝臓が悪いのに耳鼻科に行ったりしませんよね。それなら、リハビリやマッサージもスポーツ・特に野球を専門にした理学療法士や柔道整復師のケアを受けましょう。

 

野球でピッチャーをしている以上、一生懸命真面目にレンすればするほど肩や肘の痛みが出やすいものです。肩や肘だけに無理な動きをしているのですから仕方ありません。違和感のような軽い痛みでもマッサージやリハビリをすることで炎症を抑えることができます。

 

野球肘も予防することはできます。だから、定期的な専門家のケアをしてあげましょう。体もメンテナンスをしてあげないと故障してしまいます。マッサージによって筋肉を解し、関節や軟骨への負荷を減少させ関節のケアをしてあげましょう。そして違和感や痛みの原因を突き止めて再発をさせないために、投球ホームの改善をし、正しい筋肉の使い方を体に覚えさせるように専門家の正しいリハビリが重要です。